TOP > 熊デザ職員室

熊デザ職員室

すべては学生のために。
私たちスタッフの共通の認識です。それは学生の今に必要か?それは学生の将来に大切か?
これから社会に巣立つ彼らひとりひとりのことを考えることから、私たちのなすべきことが始まります。
卒業後少しでも自分の夢に近づき、社会に貢献していく彼らに私たちは大きな誇りと期待を感じています。
千田 浩一

建築・インテリアデザイン科

千田 浩一

HIROKAZU CHIDA

すべての出来事が
デザインには有益なのです。

私の人生には一見、無駄と思えるような出来事がたくさんありました。学校をサボったこと、浪人したこと、会社辞めようかと悩んだこと、一生懸命考えた設計がお客さんの都合でNGになったこと…。無駄だったと済ませてしまえばそれだけですが、デザインという世界はそれらを全て「役に立つ経験」に変えてくれました。デザインに無駄はありません。無駄があるとすればそれは「デザインされていない」のです。デザインは他人だけでなく自分の人生も豊かにしてくれます。
田中 希代子

グラフィックデザイン科

田中 希代子

KIYOKO TANAKA

デザインのもつ力はより社会から求められています。

私達の生きる世の中の問題を創造的に解決していく。それが現代におけるデザインの役割です。将来への見通しがつきにくい現在、デザインへのニーズは一層高まっています。商品や企業、社会、地球に至る様々な問題を考え、整理し、物事の本質を見出し、解決策を提案していく。グラフィックデザインは、その創造的解決策をあらゆる視覚コミュニケーションで提示していきます。デザインの力で私達の世界を幸せにしていくことができると信じています。
児玉 竜也

グラフィックデザイン科

児玉 竜也

TATSUYA KODAMA

具体的な将来を実現する
サポートをしたい。

「好きなことを仕事にするためにこの学校を選んだ」という学生は、生き生きとした表情をもち、目を輝かせています。わたしたちは、そういう学生の思いを実現するために、まずは基礎から着実に身につけさせ、一つ一つの作品を作りながらクリエイターとして成長できるようサポートしていきます。専門学校だからこそ見せられる、「具体的な将来」を実現するために学生ひとりひとりと向き合いながら一緒に研鑽し、自信を持って社会に送り出したいと思っています。
松本 和子

グラフィックデザイン科

松本 和子

KAZUKO MATSUMOTO

デザインの力
=自分を開いていく力

デザインには相手の立場に立つ想像力と、困難な問題を突破する創造力が必要です。かつてない情報社会において問題の形態が変化し、それに対する若い感性を必要としています。あなたが育ててきた感性はあなただけのものではなく、社会に役立つものに変えていくことができます。しかし感性は自分の内面の細部のことではありません。どんどん自分を開き、たくさんのものに出会える人が、発信する側に立つことができるのです。まずは同じ志の仲間と出会ってみませんか?
児玉 守

メディア映像デザイン科

児玉 守

MAMORU KODAMA

本質を見抜く力が
生活を豊かにする。

ものすごい速さで情報が流れては消える時代で、人の心を動かし記憶に残るものを形にできたとしたら、それはとても尊くて素晴らしい力を持っているんだと感じます。映像は人をつなぐコミュニケーションのツールです。色や形、動きや音を使った技術や知識を身につけるのはもちろん、膨大な情報の中から必要なものを選び、目的にあったデザインをすることが大切です。物事の本質を捉えて何を伝え、生活にどう役立ていくかをみんなで考えていければと思っています。
松本 雪

ファッションデザイン科

松本 雪

YUKI MATSUMOTO

一緒に“はじめの一歩”を
踏み出しましょう!

ファッションが好きなアナタなら、ファッションで人を幸せにできます。私も初めは「ファッションが好き」という気持ちから、この世界に飛び込みました。その「好き」を仕事にできた喜びを知っているからこそ、私はこの熊デザで伝えたいことが山ほどあります。きっかけやチャンスは皆に平等にありますが、それをつかめるのは、チャンスに気づき、動いた人だけです。最初の一歩を一緒に踏み出しましょう! そんなファッションのプロへの道を、私たちは共に歩んでいきます。
横田有紀

建築・インテリアデザイン科

横田 有紀

YUKI YOKOTA

限りある熊デザ生活を
大切にすごしてほしい

熊デザOGとして皆さんに伝えたい事があります。2年間という学校生活はあっという間に過ぎていきます。そんな熊デザでの2年間は今の私に繋がる大切な時間だったと思います。“あの時もっと勉強しておけばよかった”と 思わなくてもいいよう、1日1日を大切にすごしてください。又、辛い事や悩み事があるときは遠慮なく私にも話して下さいね。先生として、先輩として、アドバイス出来ればと思っています。
田中由美子

ファッションデザイン科

田中 由美子

YUMIKO TANAKA

たくさんのものに触れて
自分の力を養って。

高校時代、何気なく見ていた雑誌の中で見つけた小さな記事…“デザイナーの世界を生かすも殺すもパターンの腕次第。パタンナーの善し悪しでデザインが決まる”。パタンナーの奥深さを知ったことが、この道に入るきっかけでした。知識や技術を駆使し、デザイナーの想いを形にする作業は、刺激的でやりがいがある仕事です。「表現する手段がなければ、創ることはできない」学生時代は、いろいろなものに触れ、なんでも貪欲に吸収し、たくさんの引き出しを作って欲しいです。
守山由枝子

ファッションデザイン科

守山由枝子

YUKIKO YORIYAMA

時には忍耐も必要。
目標を持ってがんばろう。

デザイン・創作の仕事をするには、「何よりも“それ”が好きだ」という気持ちが大事。好きであれば、技術も後からついてきます。自分の中で固まらず、視野を広げ、たくさんのものに興味を持って見ること、試すことです。私自身、ファッションデザインに限らず、海外で異文化を経験したり、さまざまなものに触れたことが大きな力になっています。苦手な分野、忍耐が必要なときもあると思いますが、目標を持って取り組みましょう。
石井 克昌

グラフィックデザイン科

石井 克昌

YOSHIMASA ISHII

みんなと一緒に学びながら
楽しさを伝えたい。

幼い頃から「つくる仕事に就きたい」とはっきり思っていましたが、小中高の教育を通しても、具体的にどうしていいのか分からなかった自分にとって、身近に「熊デザ」があることは大きな“希望”でした。この学校で「デザイン」の世界に触れ、楽しみながら、もがきながらも努力を続けていたら…いつの間にかプロになり、講師として、母校の教壇に立っています。まだまだ未熟ですが、みんなと一緒に学び、成長していけたらと思っています。
 

 本校は常勤講師をはじめ、現役クリエイターを非常勤講師として迎え、授業を運営しています。

SPECIAL CONTENTS
熊デザスペシャルコンテンツ!卒業生からの役に立つアドバイス&メッセージや在校生のリアルな学校生活の話などおもしろい話がいっぱい!「熊デザ職員室」ではたくさんの現役クリエイターの講師陣のご紹介をいたします。